秦 美紀子 個展 -夢の世界を描く-

2022年10月18日(火)~29日(土) ※最終日は17時まで

「海岸通り」 / F12(H500×W606㎜) / アクリル、キャンバス

30年余り前、何の取柄もなかった私が、障害者となり頭を打ってから 昔、中学校の美術の先生に勧められたアートを思い出し、アートの世界へ足を踏み入れる決心をしました。初めは、丸い花瓶をただ丸く描くだけでした。でも将来を思う時、止める訳にはいきませんでした。そのうち、作品が仕上がる度に、完成した充実感と次こそはとの意欲が涌き、現在へと至りました。
月日がたって写生から創作へと進んで来た頃、今回、DMに使用しました『海岸通り』を描いていた時、知人から「何か不思議な感じのする絵だね」と 言われました。嬉しかったです。それが契機となって “夢の世界を描いていこう!”と思い始めたのです。現在、『海岸通り』制作の頃からは長い年月がたちました。その間には、アートの世界で様々な展覧会を見に行きました。様々な美術番組を見、様々な画家の人生や友人と交わりました。
長い年月の間には“夢の世界を描きたい”との初心を忘れて 描いた作品も多々あります。でも『海岸通り』を見る度に たとえ時々脱線しても 夢の世界への憧れを一生持ち続けて “描いていこう”と思っています。

「菜の花と汽車」
FSM(H157×W227㎜) / アクリルガッシュ、キャンバス
「Autumn Season」
FSM(H227×W157㎜) / アクリルガッシュ、キャンバス

秦 美紀子
1954年生まれ。大阪府在住。 身体が不自由になったとき“収入のことは考えず、才能があることを”と決心し、自宅のアトリエで制作しつづけている。主にアクリル画を中心に、自身の空想を描いている。昔から絵本作家に憧れ、いつも夢の世界を描きながら生きている。
https://ableartcom.jp/hata-mikiko/

※この展覧会は、MHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社がNPO法人エイブル・アート・ジャパン
と行っているアーティスト奨学金プログラムの支援を受けて実施しています。
企画・協力:Able Art Company